社交ダンスというと、一般的に男性は黒い燕尾服を来て、女性は真っ赤なドレスを着ているというイメージが強くありませんか?また、少し古い話ですけれども、映画の賞を総なめにした「Shall We ダンス?」も確か役所広司が燕尾服をきて、渡辺えり子とダンスの大会に出ているシーンは有名です。

社交ダンスはモダンとラテンアメリカの2種類です

ところが、この映画や世間で思われている社交ダンスは、実はいろいろな種類がありますが、大きく分けると、モダン(スタンダード)とラテンアメリカの2つです。この2つの社交ダンスをさらに細分化をすると、次のように分けられます。
また、モダンダンスとラテンアメリカダンスの中にはさらに競技ダンスとパーティダンスの2つがあります。

モダン(スタンダード)ー競技ダンス

  • ワルツ
  • タンゴ
  • スローフォックストロット
  • クィックステップ
  • ウインナーワルツ

モダン(スタンダード)ーパーティダンス

  • ブルース

ラテンアメリカー競技ダンス

  • チャチャチャ
  • サンバ
  • ルンバ
  • パソドブレ
  • ジャイブ

ラテンアメリカーパーティダンス

  • ジルバ
  • マンボ
  • スクウェア・ルンバ
  • サルサ

に分けられます。それぞれリズムなどが違います。

次にモダンダンスとラテンアメリカダンスの違いをご説明します。

モダンダンスの特徴

モダンダンスは、イメージ的にはイギリス紳士でフォーマルといったきちっとしたところがあります。ダンスの起源についても、例外としてタンゴはアルゼンチンですが、主に北米やヨーロッパとなります。衣装も男性は燕尾服、女性はロングドレスを着用します。ダンスのスタイルは、男女が両腕組んで一体となって踊ります。またステップは、一歩目はかかとから床にタッチさせるということになっています。我々がイメージをしているいわゆる社交ダンスや、映画の「Shall We ダンス?」は、モダンダンスということになります。

ラテンアメリカの特徴

一方でラテンアメリカは、だいたいイメージがすぐ湧いてきますけれども、自由、奔放、太陽、明るさです。ダンスの起源は南米で、衣装もモダンダンスのようには決まっていなくて、基本的には自由です。特に女性の場合は肌を大胆に露出することが多いです。また、ダンスのスタイルについては、モダンダンスとは違って男女が離ればなれになることが認められています。
ちなみに次のYouTubeの動画は2013年の日本インターのCHACHACHAの大会の様子です。こちらを見ると、男性はいわゆる胸をあいた衣装を着ていてい、モダンダンスよりは画一的なところはありません。

2013年日本インターCHACHACHA大会の様子

それぞれのダンスは、発祥がヨーロッパと南米ということで、違いは実に明快で面白いです。特にサッカーに近い印象を感じました。

  • 埼玉の内堀ソシアルダンススタジオはJR浦和駅から徒歩5分。『正しく・強く・美しく・楽しく』がモットー。生徒さんとの会話・コミュニケーションを大切に丁寧にご指導させていただいております。わからない点などがあれば、どうぞ遠慮なくお聞きください。各種目のさまざまなテクニックやダンスの楽しさ、奥深さをみなさまにできるだけお伝えできるように日々レッスンさせていただいております。お気軽に、無料体験レッスンにぜひお越しください!
  • 大阪のDANCE FACTORYはストリートダンスをメインとしたダンススタジオで、2000年に小規模ながらも誕生。そして2002年に大阪市住吉区に「長居スタジオ」を。2009年には堺市に「三国ヶ丘スタジオ」を設立。キッズから大人と幅広い年齢層の方にも、どなたにでも始めていただけやすい、暖かな雰囲気と笑顔の絶えないスタジオ。それぞれの夢や目標に向かって、楽しく充実したダンスライフを送っていただけることを心がけております。
  • 株式会社東京アートアイは写真撮影・販売において30年以上の実績。晴れの舞台に出演されるみなさまを、より素敵に撮影いたします。安心してご依頼ください。
  • ミリタリーのグッズ買取なら、ファーストミリタリーにご相談ください。当店はあえて出店せず、その費用をお客様に還元するようにいたしました。そのため他社より高い買取価格で買取可能です。カスタイマイズしていても買取可能。バイヤー歴20年以上の専門担当者が査定。長年トイガンをとりあつかってきたバイヤーがお客様の大切な商品を査定させていただきます!